[1153]物書きとライターの違い

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

自分の職業がうまく表現できず、いつも困っています。
なので、標題に「ライターとか」って付けているわけですが。
例えばサイトコンテンツの場合、どちらかというとヒアリング勝負なんですね。これで、上手さと下手さが出る。
どちらかというと、インタビュアーに近い感覚を持っています。

それに、ライティングの技術って、見た目のヨシが見えにくいんですよ。
読みにくい悪文というのが対極にあって、そうならない「普通さ」というのかな、一杯のおいしい水を書けるのが「いいライター」。
ドライブに例えるなら、走りやすい道の走りやすさって、なかなかわからないじゃないですか。
荒れたジャリ道を抜けた後に、やっと実感できるところがある。
なので、いくら「いいライター」を売り込んでも、説得力に乏しいのです。悲しいことですが。

1153.jpg
線路だと「例外」に思えますけど、ライティングでは「普通」の景色

一方で、良く「物書きさん?」と聞かれたりしますが、それも、ちょっと抵抗がある。
物書きというと、取材なしのアイデア勝負という印象が、どうしても自分の中にはあるんです。
本を出版して印税で設けているわけじゃないので、まず、作家じゃないだろうと。
同じような感覚で、物書きでもないような気がしています。
蛇足ですが、感動する物語を書くという意味での「いい物書き」はいらっしゃいますよね。

メディアの記事を持ってますが、ジャーナリストや記者でもない。
ルポライター? でも、サイトコンテンツやってるしな。
コピーライター? タイトル一つでン万円なんて仕事はしてません。

一方で、タレントのプロモートを仕掛けたりもしているんです。
媒体社用のリリース打ったり、アルバムのキャッチコピー作ったり。
そう考えると、プロデューサーなのかな?
原語に近い意味ではもっともしっくりくるんですが、いわゆる「カーディガンを肩に掛けているプロデューサー」じゃない。

結局、「ライターとか、やってます」に尽きちゃうんでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR