[1155]給与とは、自分の時間を切り売りした対価である

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

もし、学生時代の自分に声が届くなら、
「就職を中心にモノを考えるな」
と言いたいです。

いわゆるシューカツなんてするなと。
そんなヒマがあったら、「人生をデザインしろ」と。
一生続くテーマを見つけてもいい。
あるいは、40歳までに3億円稼いで、後は遊んで暮らすでもいい。

そうじゃなく、会社アリキで就職してしまうと、人生をムダにしてしまうような気がするんです。
だって、給料をもらうために働いている感覚になってくるでしょ。
自分のご主人は、自分ですからね。
発想を逆にして、「会社は、オレの時間を買っているんだ」と、そう思ってほしいわけですよ。
その肝心なオレさまは、個別固有のライフデザインに沿って生きている。
これが、働き方の理想じゃないかな。

1155.jpg
1かけら10年、何となく食べられてしまっては損

会社勤めが悪いとは言いませんよ。
自分のデザインの中に組み込まれているなら、それでヨシ。
商社でコネを広げて、いつかは自分の店を持つ・・・なんてのもステキです。

それなのに、シューカツって話になってくると、就職が目標になっちゃうじゃないですか。
その後がないし、寂しいし、視野が狭すぎるし、何だかもったいないですよ。
日本の経済力は、まだまだ捨てたものじゃないですから、食おうと思えば食っていけるんです。
なので、働き方より、まず生き方を決めなさい。

しばらくアルバイトを転々としたっていいんじゃないかな。
ただ、生活することを目標にしないでくださいよ。
オトナがどういうことに悩んで、何に価値を見いだし、どこに満足を覚えるのか。
そういう心の動きを観察すべきです。
これが見えてくると、対比として、自分の姿も明らかになってくるはずですから。

私って、みんなが悩んでいるほど、不便さを気にしないな。
結果こそが大切というけど、オレはプロセスを重視したい。
逆に、結果は二の次っていうけど、自分にはなじまない世界だな。

じゃあ、どうすんのってことで、やっと将来ビジョンが削り出されてくると思う。
この人間観察期間も、ぜひ人生デザインに含めようよ。
そのための時間を切り売りしてお金がもらえるなら、いい話じゃないですか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブログ拝見させていただきました。
私も脱サラして独立したことろなので、共感できる記事でした。
これからも読ませていただこうと思います。
ありがとうございました。

No title

南尾さん、はじめまして。
自分も2010年に脱サラしました。当時、「頑張って」といったご支援をよくいただきましたが、頑張らない生き方に変えたつもりなので、シックリ来なかったことを思い出します。
ですから、今度もあえて言いません。
新しい人生を楽しんでください。
お仕事のお問い合わせ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR