[1455]取材方校正とクライアント校正、優先されるのはどっち?

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

ペイドハブのような場合、取材先 = クライアントなので、校正先は1カ所。
ところが、社内報のスポット紹介みたいな形では、確認作業が別になるんです。
そしに、企業の担当者は、わざわざこんな企画を立てるぐらいですから、独特のこだわりを持っていらっしゃる。
「主導権はウチ」だと。
このような場合、進め方が難しいですよね。

最終責任はお金を握る側にあるので、やはり最終確認も企業側になってくるんでしょうか。
まずは取材先の広報に原稿確認をしてもらって、それから編プロ経由で企業担当者に渡るのが筋かもしれないですね。
それに、社内報なので表には出ないわけだし、多少直されたところで、わかりゃしないと。
そう思っていたんですよ、先日までは。

ところがこの間、スポット先から「見本誌がほしい」と言われまして。
さっそく取り寄せたら、全くの別物でした。
もう、エイヤで送って、電話がかかってこないことを祈るばかりです。

1455.jpg
主導権争いの一場面でございます

もっとひどいのは、編プロに面倒くさい人がいて、ここでも勝手に直される場合です。
あれは、猿島の紹介でしたかね。
レンガを「フランス積み」という方法で施工しているんですが、それを書いちゃうとややこしいことになりそうだったんで、避けていたわけです。
「フランス積み」とはなんぞやとか、「イギリス積み」との比較とか。そんなことをやっていたら、それだけでスペースが終わってしまうでしょう。

ところが編集、「フランス積み」の記載を入れちゃったらしい。
しかも、スポット先確認の後に。
で、企業担当がやいのやいのとちゃちを入れてくる。
もう、元原なんて、どこにも残ってないですよ。
時間給で5000円ぐらいの仕事だし、直しがこっちに戻ってこないので、別にいいですけども。

ただ、「確認した内容と見本誌が違う」って言われたら、ちゃんと対応してくださいよ。
こっちじゃ、ケツ拭きませんから。
だって、ライターの責任じゃないもの。
もちろん、追加フィーくれるなら、喜んでやります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR