[1256]地図を見たら、やっぱり四国はズレていた

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

四国の上、というか北のほうに、国内最大級の活断層があるそうです。
その名も「中央構造線断層帯」。
以前から何となくは知っていました。
ところが。
この間ニュースで、愛媛県にある「伊方原発3号機」の再稼働を取り上げていまして。
そのときの画を見たら、「ハッ」っと息をのんでしまったんですね。
だって・・・。

1256.jpg
Yahoo! 地図から

ズレてんじゃない。
まるで帽子みたいに、乗っかってるじゃない。
切れ目が、奈良のほうまで続いていますよね。
これが、地図で見た「中央構造線断層帯」なんです。

問題の伊方原発はアイコンの場所に位置します。
帽子よりは下にあるけれど、脱いだとたんに波がかぶってきそう。
報道によれば、原発の西側に約5000人が住んでいるそうです。
なので、再稼働停止の仮処分を求めているのだとか。
うなずけますな。

でも、それを言うなら、四国全体の交通事情も考慮しないと。
だって、この切れ目の上に、主要な高速道路や鉄道が走っているんですから。
たびたびズレるため境目が平で、施工が楽なんでしょう。
地図を見ても、緑すら生えてないですよね。
そう考えると、佐多岬というレベルじゃなくて、香川県全体の話じゃないでしょうか。
帽子ごと浮いちゃったら、どうなるんだろう。
不謹慎ですけど、「うどん島」とかできたりして。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR