[1159]ライターに必要な最低限のフィーを計算してみた

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

文字あたり1円以下の条件付けてくるところ、バカじゃないの。
とりあえず、手取りで月額25万円は確保するとしましょうよ。
計算しやすいように、月の実働日数も25日で考えます。
すると、1日8時間働くとして、1万円は欲しいことになりますね。

次に、その内訳ですけども。
ライターとはいえ、ずっとキーボードをたたいているわけではありません。
そこで、取材アリとナシに分けて考えてみました。

1159.jpg
こてんぱんな茶濁でございます

【取材ナシの場合】
微調整は後回しにして、尺をザックリ1000文字と考えます。
どんなに簡単な仕事でも、下調べで30分は必要でしょう。
参考になるサイトを三つぐらい探してきて要旨をコピペし、オリジナルの文に整えるわけです。
尺合わせというか、構成で30分。
キャッチコピーで30分。
本文のテキストと見直しで60分。
合計2.5時間かかる計算です。
先ほどの「8時間で1万円」を当てはめると、1000文字の稿料は3125円。
多少手を抜いたところで、「文字3円」じゃなきゃ、食べられないことになります。

【取材アリの場合】
だいたい3500文字ぐらいの原稿が多いんですかね。
事前準備1時間、往復3時間、取材2時間。
自分で撮影した場合は、写真のピックアップと画像処理に1時間。
テープ起こし4時間、原稿に整えて3時間、見直し1時間。
合計15時間になりました。
同様の計算で、3500文字の稿料は1万8750円。
多少手を抜いたところで、「文字5円」じゃなきゃ、食べられないことになります。
サイトコンテンツなどの文字数が多い事案でも、8000字-24時間として「文字3.75円」。

つまりですね、微調整を加味したところで、「文字0.3円とか0.5円」ってあり得ないんですよ。
10分の1以上の手抜きって、どういうことなんだろう。
もしくは、月収2万5000円で暮らせってことですよね。
レベルの低い文章をちからしたところで、自分の首が絞まるだけじゃん。誰も見てくれないメディア作って、どうするんだろ。
バカじゃないの、ホント。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR