[1460]採用ページのインタビューで起きたこと

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

一般企業のサイトで、採用情報を載せる場合があります。
お決まりとしては、代表メッセージに始まって、先輩社員のメッセージへ続くパターンです。

・現在の業務内容を簡単に教えてください
・この会社を知ったきっかけは何でしょう
・入社して自分が変わったと思いますか
・最後に、メッセージをお願いします

あたりが標準的な質問になるでしょうか。
これを、営業、工場、総務など、それぞれの部署に聞いていくわけですね。
入社3年目あたりの人だと、そこそこ答えてくれます。

ところが・・・。
この間担当した某社。トップバッターは、なんと入社1カ月の新人クンでした。
まだ、業務フローも固まってないと言うのです。

1460.jpg
何を聞いても、「上司からの指示を待って」状態

社長がヤリ手の方だったので、おそらく、何らかのねらいはあったんでしょう。
それが前もってわかっていたら、きちんと押さえていました。
ところが、ぶっつけだったし、社長引っ込んじゃったし、もはや推測で進めるしかありません。

【推測-1】
1カ月、半年、1年、3年・・・など、皆さんの経歴にバラ付きがあるようなら、「時期による習熟度の差」みたいなものがねらいなんでしょう。
そうなると、入社年月を確認しとかないといけないですね。

【推測-2】
もしかしたら、入社して間もないころから、「業務をきっちり任せるよ」路線なのか。
この場合、新人クンの内容にかかってきます。
インタビューの感じでは、この想定でも行けそうです。
とりあえずザックリした感じに押さえておいて、2番バッターから手の内を探ってみましょう。

さて、続く2人目の写真は、入社1年目の人。
なかなかしっかりしていて、内容はOK。
逆に、推測-1なのか推測-2なのかは、判断できず。
3番バッターあたりで見極めないと、そろそろまずいですよね。
何がねらいなんだろう。

ところが・・・。
その日はそれで終了だと。
後日、別の社員をそろえるので、また連絡しますと。

ああ、いったい、何しに来たんだ。
「ねらい」とか何もないのかなあ、形式的に書けばいいんだろうか。
打合せにライターかましてくれれば、いろいろ提案できるのに。
もったいないですよね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR