[2311] 悩ましい、縦書き英数表記

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

新しいメディアでモノを書く際、「です・ます」「だ・である」の別と共に確認したいのが、英数の表記方法です。
ほかにもいろいろあるでしょうが、まず、この二つを押さえるべきでしょう。
ことに縦書きの媒体では、必要不可欠です。

新聞の場合、一桁を全角「2人」などにして、二桁は「16人」とすることが多いようです。
縦書きでは、両者が同じ文字数になるんですね。
ちなみに朝日新聞は、三桁以上を、半角横書き・縦並べにしていました。
一方、ダイヤモンド社のビジネス書で、オール全角の指示を受けたことがあります。
ほかにも、考えられるパターンを並べてみましょうか。

縦書き英数のパターン
数字三桁以上は、横書き・縦並べのケースもあります

これらを後から直すのはやっかいなので、事前に知っておいた方がいいという訳です。
もしかしたら、関数か何かを使ったやり方があるのかもしれませんが・・・。
特に、自分のような「かな入力」オールドタイプは、全角英数に泣かされます。
ちなみに、「えむあんどえー」は「M&A」一発でした。
一方、「まいどきゅめんと」なんてのは無理。

あ・・・いまやっていて気付いたんですが、「カタカナひらかな_ローマ字」キーを使うと、全角英数が打てるんですね。
きのうまで、言語バーの設定をクリックしていました。
それはそれとして。

個人的には、横書き縦書きに限らず、オール半角が好ましいと思っています。
なぜなら、半角英数がワールドワイドだから・・・っていうか、横書きが世界標準だから。
縦書きを横書きメディアに変更するとき、モノによっては、変なことになるんですよ。
これは、配信や拡散を妨げる大きな要因になりかねない。
特に、新聞固有の「1桁全角・2桁半角」はいただけない。
テレビの横書きテロップで出て来ることがありますが、そもそも意味ないでしょ。
そういうことが起こり得るんです。
・・・といいますか、ホンネを言えば、いちいち打ち分けるのが面倒ってことです。

[2310]「是非」か「ぜひ」かは、デザインなんだという話

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

ひょんなきっかけから、某製菓メーカーのお抱えライターになりそうです。
さっそく秋の新製品の取材が入りました。
この業界、動くときは、とんとん拍子で物事が進みます。

ライターが替わったといっても、元のサイトのトーンは生かしたいそうで、いま、必死になって前任者の人格になりきろうとしています。
ください/下さい、いただきます/頂きますなどのかな送りは、コッチの認識通り。
テキストのテンポも、まねできなくはない。
センスというか感覚は、かなり自分と近そうでした。
ただ、「ぜひ」については、珍しく「是非」を使っているんですね。

観音モナカ
是非、ご家族でお召し上がりください・・・というイメージ

さっそく、間に入っている代理店に確認したところ、前のライターも、最初は「ぜひ」だったとのこと。
それを、メーカーの意向で「是非」にしたそうです。
へー、そういうことをやってくるんだ。

いままで、文章の表現について修正や指示を受けたことはありますが、漢字かひらがなの選択はお任せでした。
記者ハンをインストールしていますし、そこまで口だしされることはなかったんです。
みそのメーカーが、こだわって「味噌」にしたことなんかはありましたが。
名詞がらみ以外は、こだわらないことが多い。

じゃあ、何で「是非」かというと、代理店の想像いわく「高級感」とのこと。
贈答品に使えるような製菓だぞと。
ふろしきに包んでやりとりされるお菓子だかから「是非」なんだと。
まあ、わからなくもなくもないかな。
少なくとも、ポテチではないわけですね。
うん、この一件で、むしろイメージ湧いたわ。
ライターの変更がバレないようなテキスト、作ってやる。
へー、漢字かひらがなの選択って、そういう側面もあるんですね。

[2309] 直接、後日、当時などの後に「、」を打つべきか

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

標題の件。
基本は「打つ」だと思っています。
ただ、前後の文章によっては、文頭が細切れになってしまうんですよね。

また、当時、品川では、シジミがおもしろいように採れていた。

このマシンガン読点状態には、いくつかの対処法があります。

また、当時の品川では、シジミがおもしろいように採れていた。
また、品川では当時、シジミがおもしろいように採れていた。
また、400年前の品川では、シジミがおもしろいように採れていた。

覚えておきたいのは2番目のケースで、主語に該当するコトバとくっつける方法を、ぜひともマスターしちゃいましょう。

シジミラーメン
シジミだし・・・という茶濁でございます

パターンとしては「打たない」という選択肢もあるんですが、やっぱり、読んでいて変です、

このかけ声は、後世ラッパなどの楽器によって代用されていきます。
このかけ声は後世、ラッパなどの楽器によって代用されていきます。

わからないことは、直接おたずねください。
わからないことは直接、おたずねください。

上の例は自然に思うかもしれませんが、いままでの流れからすると回避すべきつなげ方なんです。
また、漢字二文字に限らず、「はたして」「そのとき」などにも応用したいところ。

佐藤君はそのとき、オシッコがしたかったのだ。
君ははたして、何がしたいのだ。

佐藤君は、で切ってしまうと、「そのときオシッコ」になっちゃいますからね。
「後日」「そのとき」系は文頭で使いがちですけど、主語を先に持ってきて、その後に続けるのがコツ。
コツというか、読みやすくなるはずです。

[2308] 三人称「だ・である」で注意したい、伝聞と推量の見極め

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

テキストの発注時に確認すべき重要なポイントとして、「です・ます」なのか「だ・である」なのかという記述の問題があります。
さらにいうと、一人称なのか三人称なのかも必要で、一般的な組み合わせとしては以下となるでしょう。

○一人称です・ます
取材対象者の口調
「当事務所は常日頃より、満足のいくサービスを目指しております」

●三人称だ・である
取材者の口調
「同事務所が常に目指しているのは、満足のいくサービスだ」

可能性としては、「一人称だ・である」や「三人称です・ます」も考えられるんですが、実際のところ、あまり使われません。

避難勧告が解かれた富士山方面
自然現象のような一人称がなじまない場合は、「三人称です・ます」もあり得る

話を標題に戻しまして。
「です・ます」のカブリは、もともと丁寧な言い方だけあって、そんなに気にならないんです。

当社は常日頃より、満足のいくサービスを目指しております。
そのために必要なのは、お客様への感謝だと考えています。
「満足なくして感謝なし」がポリシーとなっています。

一方の「だ・である」は、基本的に上からなので、カブリがきつくなるのだ。

同社が常に目指しているのは、満足のいくサービスだ。
そのために心がけているのは、顧客への感謝の心だ。
「満足なくして感謝なし」が同社のポリシーだ。

これを回避する便利な方法として、言い切ってしまう体言止めや、三人称を生かした伝聞調などが考えられます。

同社が常に目指しているのは、満足のいくサービス。
そのために、顧客に対する感謝の心を忘れないという。
「満足なくして感謝なし」が同社のポリシーとなっている。

体言止めを嫌うところもありますけどね。
また、伝聞はヨシでも、推量をダメとしてくる編集もいます。なぜなら、本当かどうかがぼやけるから。

「満足なくして感謝なし」が同社のポリシーといえるだろう。

ここは、要注意ですね。
「ポリシーといえる」だけでも微妙なところで、なぜなら、書き手の考えにすり替わっちゃうんです。
したがって、置換候補とはなり得ません。
近い表現ですけど、「ポリシーだという」はセーフ。これなら、取材対象者のコトバですから。

[2307] わかりやすさと正確さは反比例する

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

標題の件。
以前にも書いたと思いますが、ちょっとしたジレンマに陥っているので、また、取り上げてみたいと思います。

きっかけは、骨の再生治療について取材したときのこと。
詳しく説明すると論文になってしまうので、ここでは、骨をくっつける接着剤のようなものがあったとしてください。
で、最新の接着剤は、液体ではなくて半固形状に加工することができるんだと。
だから、好きなところへパテのように盛れるし、糸で縫い付けることもできる。
これを自分は、「とろけるチーズ」に例えたわけです。
溶けたチーズは流れていってしまうけど、冷めた状態なら狙った場所にとどまっているじゃないかと。

これを先生は「正確じゃない」とおっしゃるんですな。
内容としては合っているんだけど、このままの表記じゃ載せられないとのこと。
そりゃ、チーズと医療素材は違いますよ。
それをわかりやすく伝えるのが「例え」なのっ。
まあ、いくら言っても伝わらないわけです。

手作りカレーピザ
余りものによる手作りカレーピザの茶濁

ペイドやサイトコンテンツの場合、最終的な校正は取材元が行いますよね。
そうなるとですね、得てして、わかりやすさより正確さが重視されます。
おそらく、変な誤解を持たれるのが、何より嫌なんでしょう。

さらに、編集者が業界ズレしていて、「出稿者がいいって言うならいいじゃないの」というスタンスを固持していると、もはや手が付けられません。
特にこの傾向は、医業や士業のような専門性の高い媒体で顕著になるようです。
もう、一見しただけだと、何が書いてあるのかわからない。

ライターとしては、意をくんでわかりやすく伝えたいわけですよ。
でも、Webのような無料のメディアでは、お金のやりとりを編プロと取材元でしか行いません。
すると、どうしても、お金の出所の意向を優先するようになります。
書籍でも、ページの販売で収支が成り立っているような仕組みだと、一緒ですよね。

そんなことで、最近、納得できない仕事ばかりしています。
少なくとも、ニホンゴを書いていないです。
私見ですけど、条件のいい案件ほど正確性を求めるので、ニホンゴから離れていきます。

[2306] セオリーのないセールスコピーのセオリー

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

記事や紹介文ではなく、「買う」というアクションに直結するようなテキストのことを、セールスコピーというそうです。
でまた、専門のセールスコピー・セミナーなるものを見かけるものの、あまり意味がないのではないでしょうか。
なぜなら、書き方は、ターゲットやシチュエーションによって変わり得るからです。

C向けなのかB向けなのか。
あるいは、ニーズ層なのかウォンツ層なのか。
消費財か動産かでも違ってくるでしょう。
要は、「自分がその立場になったとき、思わず手を伸ばしたくなるコピー」を考えればいいのであって、そこにセオリーなんてないと思うんですよ。
無数のセミナーが開催されていること自体、正解のない証拠ですよね。
冷静に見れば、「まちまちなことを言っている」に過ぎないのではないでしょうか。

サザエのカラ
例題) 価値のないサザエのカラを、投資家へ売るにはどうしたらいいのか

例えばですけど・・・。
サザエは、約10万個に1個の割合で、逆巻の希少種がいるそうです。
マニアなら、そのカラに20万円の値を付けるとのこと。
そこで、江ノ島の食堂から、カラ5万個を1万円で引き取ろうと思います。
出資していただけませんか。もうけは折半です。

ロジックの裏付けがあれば、思わず「乗った」になりますよね。
セールスコピーって、こういう話でしょ。
つまり、筋書きがあってのリサーチやマーケティングなんですよ、本来は。
ストーリーが先。リクツは後。
セミナー受けたからって、こういうストーリーが立案できるようになるのかな。

どうしたら「乗った」と言わせられるのか。
それを、案件ごとに工夫した結果がセールスコピーであって、仕組みや決まり事で書くようなものじゃないと思うんですが。
お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR